おーらい黒田屋

黒田の四季

納涼まつり

お盆行事を終えた17日(土)、「黒田納涼まつり」が旧黒田小学校グラウンドで開かれました。
午後から櫓や上げ松用の大灯篭づくりが行われ、夕方には高さ15メートル近い大灯篭が立ち上がりました。
住民手作りの夜店が並び、打ち上げ花火でまつりが始まりました。
台風が去ったあと好天となり、グラウンドで盆踊りを楽しむのは3年ぶり。
櫓の回りには2重3重の踊りの輪ができました。
ことしは下黒田が当番の松上げを観賞。最後はお楽しみ抽選会で盛り上がりました。

きょうから立秋

連日の猛暑日。
京都市のきょうの最高気温は38度。きょうは黒田でも35度を超えました。
南の海上を台風10号がゆっくりと北上しています。
ちょうどお盆の頃に本州上陸をうかがう気配です。
暦の上ではきょうから立秋。
高い雲は秋の雲のようです。
稲の穂が実を膨らませ始めました。



オオバアサガラとコアジサイ

きょうは暦の上の「入梅」。
近畿地方の梅雨入りは、ことしは少し遅れそうです。
山の花が日を追うごとに入れ替わります。
灰屋谷を行くと、いま目を引くのはオオバアサガラ(大葉麻殻)。
白い花の房が枝から垂れ下がっています。(円錐花序)


コアジサイ(小紫陽花)も咲き始めていました。


下流域ではもうピークが過ぎたヒメウツギですが、灰屋谷ではいまが真っ盛りです。

野ばらが咲き始めました。

ノイバラ(野茨)は、自生する日本のバラ(薔薇)の原種で、野ばらとも呼ばれます。
香りはバラと同じ。満開になると良い香りが辺りに漂います。
いつもの年より少し遅い開花です。たくさん見かけます。


初夏の灰屋川

タニウツギは、いまが盛りです。

いつもはタニウツギより先に咲く白いヒメウツギ。
ことしはもう咲かないのかな、と思っていたら、今になって咲き出しました。

こちらはイワガラミ。杉の木にも絡んでいました。

今頃は、よく似た花がいろいろあります。
これは、サワフタギ(沢蓋木)と呼ぶようです。

1 / 3012345...102030...最後 »