おーらい黒田屋

黒田の四季

山桜が咲き始めました。

百年桜が見ごろのピークを過ぎ、周囲の山々で山桜が咲き始めました。
灰屋谷を彩る山桜と若葉の見事なハーモニーも数日中にやってきそうです。
芹生の里の桜は、丁度見ごろを迎えました。




アセビが咲いています。

アセビ(馬酔木)があちこちの山にたくさん咲いています。
樒(シキミ)とともに馬酔木は、鹿が食べないので、やがて“アセビ・ワールド”になりそうです。


早や!? 駆け足でやってきた春

標高が300mを越える黒田では、桜も市街地に比べて遅れて咲きますが、ことしは随分早い。
ここ数日の5月下旬から6月上旬並の気温で、枝垂桜やソメイヨシノがまもなく満開です。
例年4月下旬に咲く、ホンシャクナゲがもうすぐ開花しそうです。
黒田百年桜とシャクナゲはほぼ同時に見ごろを迎えます。


地蔵院の紅梅が見ごろに

上黒田の地蔵院の八重紅梅が五分咲きに。
桜の開花は早まっているようですが、白梅、紅梅はほぼ例年並みのようです。



山にも一気に春が。

全国各地で3月の観測史上最高を記録、と。
京都は25.5度で、ことし初の「夏日」に。5月下旬並みの暖かさ。
黒田でも21度まで上がりました。
山々に白い点々。「こぼせ」が一気に咲きはじめました。山に春の到来です。
この地方でそう呼ぶ「こぼせ」は「コブシ」が訛ったのでしょうか。
植物名は「タムシバ」。別名を「田打ち桜」とも言うそうです。
農作業の開始を急き立てているようです。




1 / 2112345...1020...最後 »