おーらい黒田屋

イベント情報

黒田防空監視哨「櫓」がお披露目されました。

第二次世界大戦中に米軍機の来襲を見張るため、京都府内33カ所に設けられた「防空監視哨」。
黒田の京みち・トロ峠の頂上から、南へ尾根道を上ること15分。
標高733mの三角点の近くに、当時「黒田防空監視哨」が設けられていました。
終戦直後に建物は撤去され、記録資料も処分されたため、古老たちの昔語りとなっていました。
「黒田・京みちの会」では、当時専任哨員として任務にあたり、ただ一人ご健在の方に話をうかがい、この秋、地域の皆さんの奉仕や山主の協力を得て、監視哨跡地に模擬櫓(やぐら)を作りました。

11月18日、お披露目のウォーキングを実施し、仕上げの作業として説明看板を設置して、参加者とともに除幕しました。
看板には、黒田防空監視哨の説明と建物の見取り図やイメージ図、それに年若い哨員達の当時の貴重な写真を盛り込んでいます。また、監視哨跡から見える山々も紹介しています。
【説明板の除幕】

【監視哨跡からの眺望を紹介する看板】

【東には比良山地最高峰の武奈ヶ岳や蓬莱山の眺望も】

【西方約44kmの三嶽(兵庫県篠山市の最高峰、793m)】

【山桜と紅葉の苗を参加者が記念植樹】


「黒田・京みちの会」では、古道・トロ峠と黒田防空監視哨の歴史が後世につながることを願っています。

黒田防空監視哨「櫓」完成記念ウォーク

※このイベントは終了しました※


黒田の京みち・トロ峠の復活と黒田防空監視哨の再現を進めてきた「黒田・京みちの会」は、2018年11月18日(日)に「黒田防空監視哨」の模擬櫓の完成披露ウォーキングを実施します。

⇒案内チラシはこちら(PDFファイル)

スケジュール

12:30 旧黒田小学校グラウンド 集合
雨天は中止します。
参加費は無料、当日受付をします。
駐車は旧小学校南側の広場をご利用ください。
13:00 稲荷山登り口出発(標高322m)
14:10 京みち・トロ峠頂上(標高658m)
14:30 「黒田防空監視哨跡」、三角点(標高733m)到着
説明看板披露、現地説明会
15:00 下山開始
16:00 終了見込み

【主催】黒田・京みちの会
【お問合せ】代表 大和田信也(090-6989-0107)/事務局 西新治(090-7354-4224)


第二次世界大戦中に米軍機の来襲を見張るため、京都府内30カ所に「防空監視哨」が設けられました。
「黒田防空監視哨」では、哨長1人、副哨長3人、哨員18人の防空監視隊が組織されました。20歳に満たない青年6人が1班の監視哨隊を編成し、黒田2班、山国1班の3班が交代で、3日に一度24時間の任務に就きました。
毎朝7時に引き継ぎ、翌朝まで一昼夜、雨の日も雪の日も2人ずつが交代で見張り台に立ち、監視にあたりました。
雪深い日には、夜明け前に当時の黒田村役場前に集合し、雪をかき分けながら2時間かけて監視哨にたどり着きました。
黒田防空監視哨には、京都府庁の監視隊本部への直通電話が設置されていて、敵機接近が報告されると、直ちに師団司令部に伝えられ、京都市域に空襲警報が発令されました。

[監視哨の見取り図とイメージ]

黒田・京みちの会では、2018年夏から秋にかけて、地元の人たちや山主の協力を得て、黒田防空監視哨跡地に模擬櫓を作りました。

 
 


黒田の「京みち」は、トロ峠を越え芹生、貴船を経て京の都へと通じる古道です。平安時代から木炭など地域の産物がこの道を通って都へ送られました。
トロ峠は、宮・下黒田と灰屋の集落を結ぶ山越えの道で、かつて灰屋や芹生の分校の児童はこの峠を越えて本校での行事に参加しました。路線バスの延伸で使われなくなり、通行不能になっていましたが、2017年秋、黒田の住民の協力で約60年ぶりに蘇りました。

[監視哨付近から望む山々]


「黒田・京みちの会」では、地域の歴史遺産ともいうべき黒田の京みち・トロ峠を後世に引き継いでいきたいと思います。
また「防空監視哨」は戦時資料として歴史を振り返ってもらうきっかけになればと思います。
そして、黒田のことをより多くの方に知ってもらい、地域の存続につながればと考えています。

黒田・京みちの会の取り組みが、京都新聞で紹介されました。
⇒2018年8月12日付
⇒2018年9月17日付

黒田ふれあいまつりにお越しいただきありがとうございました。

10月28日(日)、黒田ふれあいまつりの開催日。

朝の気温は6度まで下がりましたが、珍しく雲一つない秋晴れに。
“秋の黒田ににぎわいを”と、地域住民の交流を目的に、当初は野菜市として始まったこのイベントも24回目。
ことしも多くの皆さんにお越しいただき、無事終了しました。

人気の一番は、やはり「新鮮やさい市」。
猛暑や相次いだ台風が野菜の生育に影響し、例年に比べるとやや少ない出品となりました。
野菜高騰の折り、新鮮で格安の野菜市とあって、午前9時半の販売開始とともに、遠方からの人、地域の人達が次々とやってきて買い求めていました。

おーらい黒田屋の寿司や栃餅などの販売コーナーにも行列ができていました。

ふれあいステージのパフォーマンスは、おなじみ「ツッキーズ」のオカリナデュオから。
秋のメロディーの数々が、澄み渡った空に沁みていくようでした。

「黒田ふれあいまつり」に4年ぶりに登場したのは、各地のイベントで活躍する和太鼓グループ「雄進浩&U-Kids」。
この日が初ステージというちびっこメンバーからベテランまで、息の合った力強い太鼓の響きが黒田の里を揺らしました。

旧黒田小学校グラウンドの臨時駐車場は、満杯状態が続きました。

猛暑や台風の暴風に耐えて、黒田百年桜は元気に色づきの季節を迎えました。

そして、締めくくりはめでたく、恒例の「餅まき」。
硬貨の入ったお餅を一番多く拾ったのはどなたでしょう。

ご来場いただいた多くの皆さん、里を上げてのイベントに携わっていただいた地域の皆さんありがとうございました。

ことしの「黒田ふれあいまつり」は10月28日(日)開催

※このイベントは終了しました※

元気だ!くろだ! ~おいしい秋、見ぃつけた!~
ことしも「黒田ふれあいまつり」を開催します。

“秋の黒田ににぎわいを”と始まったこのイベントも今年で24回目を迎えます。
地元産の野菜を格安で販売する「新鮮やさい市」は大人気。
ふれあい屋台は、ジビエ「猪鍋」、本格窯焼きピザ、焼き芋、粉もんスナック「いか焼き」、たこ焼き、ラーメンなど。
しゃくなげ共同作業所の製品販売や不用品バザーのテントも並びます。
新米抽選会は、やさい市で1,000円お買い上げごとに抽選券1枚を進呈。
特等は、俵入りコシヒカリ10キロ。
地域住民の交流の場としてステージイベントやゲーム大会も繰り広げられます。
餅つき体験やふるまい餅もあり、仕上げはお楽しみの餅まきで!!

(去年のふれあいまつりの模様)

新鮮やさい市や新米の抽選会は毎年好評をいただいており、京北地域内はもとより京都市街地からも多くの方にご来場いただいております。
秋の黒田をゆっくり、たっぷりお楽しみください!

【日時】
10月28日(日) 午前9時半~午後2時半

【プログラム】

⇒詳しくはこちら(PDF)

【会場】
「おーらい黒田屋」前広場、特設会場

【交通】
■お車をご利用の場合
JR京都駅,名神高速京都南インターチェンジから約1時間半
(国道162号線で周山まで,周山から国道477号線を利用)
無料駐車場は旧黒田小学校グラウンド

■公共交通機関ご利用の場合
JR京都駅から西日本JRバス「高雄・京北線」にて終点「周山」下車,周山から「京北ふるさとバス」にて「宮」バス停下車すぐ。
所要時間 JRバス:約1時間半 京北ふるさとバス:約30分
*所要時間はあくまで目安となります。交通状況により到着時間が前後することも考えられますのでご了承願います。

【主催】
黒田ふれあいまつり実行委員会

【お問い合わせ】
おーらい黒田屋
京都市右京区京北宮町宮野93-2
電話・ファクス 075-856-0968
営業時間 10:00~16:00
定休日 毎週月曜日,祝日(季節や催しによって営業します)
ウェブサイト http://ohraikurodaya.sakura.ne.jp

» お問い合わせフォーム

みなさまのご来場をお待ちしています。臼

黒田百年桜まつりにお越しいただきありがとうございました。

2日連続の夏日で、7月上旬並みの暑さになりました。
去年より2週間ほど早く開花した黒田百年桜も、ことしはすでに葉桜に。
「黒田百年桜まつり」は予定通りに催し、たくさんの方にお越しいただきました。

百年桜まつり名物の手作りのよもぎ餅は、連日、午前中に完売。
鯖寿司やちらし寿司なども次々と売り切れに。

出店は、京北の「しゃくなげ共同作業所」の作品販売や、鹿肉の唐揚げなどジビエ創作料理。
野菜カレーや、黒豆ぜんざい、納豆もち、ラーメンなども人気。

本格ピザ釜で焼くピザも大人気。

おなじみ「黒田大正琴同好会」の桜の下での演奏は春のメドレー。

オカリナ・デュオ「ツッキーズ」の息の合った優しい音色が響きます。

百年桜は「葉桜」になっても、多くの人にお越しいただきました。



花は散っても、多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。

1 / 512345