おーらい黒田屋

黒田の四季

初夏の灰屋川

タニウツギは、いまが盛りです。

いつもはタニウツギより先に咲く白いヒメウツギ。
ことしはもう咲かないのかな、と思っていたら、今になって咲き出しました。

こちらはイワガラミ。杉の木にも絡んでいました。

今頃は、よく似た花がいろいろあります。
これは、サワフタギ(沢蓋木)と呼ぶようです。

シャガが咲いています。

中国原産のシャガは古くに日本に入ってきた帰化植物で、人為的に広がったとされます。
今はもう住人がいない片波の集落で、いつごろから咲いているのでしょうか。


見頃のクリンソウ

灰屋川の川べりでクリンソウ(九輪草)が見頃を迎えています。
日本原産のサクラソウ科サクラソウ属の多年草で、仏塔の屋根の上の「九輪」に似ていることから名前がついたと言われます。別の説もあります。



初夏の片波に咲く花

①ウワミズザクラ(上溝桜)です。
長いおしべがブラシのように見えます。
花の一つ一つを見ると確かに5弁の桜の形をしています。


②トネリコ(戸練粉)という名前の木です。
樹皮から分泌した白蝋(はくろう)を「トネリコ」と言い、これを敷居の溝に塗ると戸の滑りが良くなるので、戸塗木(とぬりき)からトネリキと転じ、「トネリコ」の名前が生じたそうです。


③ウリハダカエデ(瓜膚楓)の花がたくさん咲いていました。
木の皮に青緑色の模様があり、この模様の色がウリの実の色に似ていることからウリハダカエデの名があると言われます。


④ミヤマガマズミ(深山莢蒾)というそうです。
ヤマアジサイにしては早すぎるなと思い、近づいてみました。
ガマズミより葉が細く、ミヤマガマズミのようです。


白い花は「アオダモ」

きのう気になっていた山の白いモワモワっとした花。
調べ直しました。
ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)かと思っていましたが、同じモクセイ科の「アオダモの木」の花と分かりました。
雨が降ると樹皮が緑青色になり、樹液が青色の塗料になることから、「アオダモ」という名前がつけられたということです。




樹皮に白っぽい斑(まだら)模様ができることが多く、材質は堅くて粘りがあり、野球のバットの原料として知られる、ということです。イチローもアオダモのバットを愛用していたとか。

2 / 512345