おーらい黒田屋

黒田の四季

田植えの準備

「代掻き(しろかき)」は、土を起こした田んぼに水を張って、土をさらに細かく砕き、掻き混ぜて土の表面を平らにします。
2~3日おいて、土が沈殿するのを待って、苗を植えていきます。
20160505_1
20160505_2

ヤマフジ(山藤)

ノフジ(野藤)ともいうそうです。
この時期たくさん見かけます。
他の木に巻きついて大きく成長する、つる性の大木です。
見た目は綺麗なのですが、これが増えて大きくなるということは、
人が山に手を入れなくなった証拠ともいえます。
20160504_2
20160504_3
20160504_4
20160504_1

もえぎいろ(萌黄色)

萌え出る若葉。
新緑と呼ぶには、まだ少し早い黄緑色。
芽吹きからほぼひと月で、山々の広葉樹は緑に覆われ、
間もなく、常緑樹の緑と同化していきます。
20160503_1
20160503_2
20160503_3
20160503_4

岩肌には、名前を知らない可憐な野草が・・・。
20160503_5

灰屋谷の春

上黒田の灰屋口から灰屋町を経て芹生町に向かう灰屋谷。
道路の名称は、京都府道361号上黒田貴船線。
谷の向かいには、芽吹き始めた広葉樹の中にたくさんの山桜が混じります。
カスミザクラという種類かも知れません。
20160420_1
20160420_2
20160420_3
20160420_4
20160420_5

標高約650mの芹生町では、ようやく桜が咲きました。
京都市の中心部から、20日ほど遅れて見頃を迎えています。
20160420_6

桜のころ

上黒田
20160411_3

上黒田・草原橋上流
20160411_4

上黒田・吉野橋上流
20160411_5

笹部・京都造形芸術大学黒田アートビレッジ
20160411_6

黒田発電所
20160411_7

散り初めのソメイヨシノ
20160411_8