おーらい黒田屋

黒田の四季

小春日和

11月にしては珍しい暖かさ。
9月下旬並みとかで、黒田でも日中は22度に。
ことしは紅葉のきれいな年でした。

里の秋

ことしの紅葉もそろそろ見納めです。
ずいぶん日が短くなり、冬支度にかからないと。。。






片波の晩秋

冬型の気圧配置で北日本からは積雪や初氷の気象情報が。
黒田の朝の気温も5度を下回り、肌寒い一日に。
片波川源流域の紅葉も終わりに近づいています。





秋の彩り

野ばらが赤い実をつけています。
実の付き具合は年によってずいぶん差があるようです。

カラタチバナ(唐橘)の実も色づきました。
「百両」とも呼ばれています。

サザンカ(山茶花)の開花もことしは早いようです。

岩肌に咲いていた花、シロヨメナ(白嫁菜)のようです。

片波の秋

片波川源流域の林道の秋。
標高600メートルあたり。
里に比べると、やはり色づきが進んでいます。
針葉樹と広葉樹のコントラストが鮮やかです。





朱色に染まったのはテウチワカエデです。