おーらい黒田屋

黒田の四季

新緑・その2

晴れ渡って、風の冷たい一日でした。
若葉と咲き残った山桜、そして白い花をつけた木。

毎年、気になっていた白い花。

近づいてみると、なんじゃこりゃ。
やはり、「ナンジャモンジャの木」のように見えます。
どうして、こんな山肌に???


日が落ちて、冴えわたった空に三日月が。

そして、今夜は北斗七星もくっきりと。

新緑

萌黄色の広葉樹。いまは白い山桜も数日中に葉桜となって新緑に同化します。


芹生の里に、まだ桜が残っていました。


まぶしい新緑。明日から立夏です。

片波・山の花

片波川源流域の伏条台杉群生地に続く市道片波線。
道の脇に見かけた山の花です。
クロモジ(黒文字)です。まだ開ききっていません。

咲いたばかりのヤブデマリ。まだ葉っぱには赤みが残っています。

ミツバツツジは満開です。


シャクナゲが咲き始めました。

ホンシャクナゲの開花です。
毎年、黒田百年桜と日を合わせて開花します。



桜の季節です。

宇賀神社の池の脇のシダレザクラは満開です。
再現「きんま道」のかかしの晴れ舞台。

蛭子神社のソメイヨシノも満開。

紅枝垂れも開花。

雲一つない空。絶好のお花見散歩日和です。

旧小学校のグラウンドの桜はいつの時代から花を咲かせているのでしょうか。

3 / 512345