おーらい黒田屋

黒田の四季

山道の花

山道で見かける初夏の花です。
ヤブデマリ(藪手毬)は、いっぱい咲いています。


ヒメウツギ(姫空木)です。
例年より少し早く咲きました。

タニウツギ(谷空木)も、早い開花です。

独特な花の形のマムシグサ。

茎の模様がマムシに似ていると考えられ、この名がついたそうです。

毒があるので、鹿も食べません。
漢方薬にも用いられるそうです。

万緑の光景


まぶしいような緑です。


落葉樹の若葉の緑が、日に日に針葉樹の緑に近づいていきます。


4月22日の同じアングルの画像です。ヤマザクもすっかり他の広葉樹に溶け込みました。


ヤマフジの花です。


こちらは、珍しい白花のフジです。


灰屋川沿いの崖にあり、人がわざわざ植えるような場所ではありません。
突然変異種なのでしょうか。


クリンソウが咲き始めていました。


オマケは、「アオサギ」です。田んぼでエサをさがしています。

藤の花も早い開花です。

ヤマフジ(山藤)の花です。
例年は、大型連休明けに咲いていたように思います。
やはり、フジの花が年々増えているように見えます。
人の手入れが行き届かなくなったためでしょうか。



ヤマザクラの点描画

ヤマザクラがそこにあることが分かるのは、ほんの数日です。
点描画のように白く浮かんで、すぐに周りの新緑に溶け込んでいきます。
春から初夏への移ろいです。





片波の山で見かけた花です。

イカリソウです。錨の形をしています。

イワウチワ(岩団扇)です。ピークは過ぎたようです。

ウスギヨウラク(薄黄瓔珞)は開花前です。釣鐘のような筒状の花になります。

クロモジ(黒文字)の花です。

ハウチワカエデ(羽団扇楓)は、開花前のようです。

片波川の源流域に自生するホンシャクナゲ。大方はまだつぼみでした。

ヤブデマリは咲き始めたばかりです。

芽吹きの季節。初夏の花々が次々に咲き始めます。

1 / 41234